ブログ

よしきの水出しコーヒー研究レポート 2

今、セントベリーコーヒーで販売している水出しパックと富山の名水を

使って、味を見ていく企画です。

店頭で富山の名水3種類と水道水を使い、水の違いで味は
どんな変化をするのかをお客さんと検証しています。

閉店時間まで検証します。

IMG_2077

IMG_9000

用意した富山の名水は一つ目が、前回も使った魚津駅前の「うまい水」です。

二つ目が、黒部ダムで有名な黒部市にある「名水公園の清水」です。

三つ目が、富山市にある「石倉町の延命地蔵の水」です。

延命地蔵の水は、万病に効く霊水と言われているらしいです。

因みに今回使っている水出しパックは「清」です。

 

検証結果!!

こうなりました↓

 

魚津(魚津駅前うまい水)

甘い、まろやか、丸い、飲みやすい、さらっとしている

 

富山(延命地蔵の水)

あまい、とろっとしている、バランスが良い、まろやか、まるい

 

黒部(名水公園の清水)

甘い、濃い(良い意味)、重みがある、よいんが長い、風味豊か

 

水道水(富山県)

尖っている、何か強く感じる、

 

でした。

 

これを見ると水によって、色んな特徴があることがよくわかります。

8月10日に(うまい水)と水道水で使い飲み比べをするので興味の
ある方は店頭に来ていただいて、この違いを体験してみてください。

以上よしきでした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る